'個人事業主'の関連記事

個人事業主つれづれ-7 接待交際費について調べた

個人事業主になった当初、事業に関わる買い物や相談に乗ってもらったとき、付き合ってくれた人との喫茶代などを「打合会議費」に付けておりました。 (実際、事業展開の議論もしているので、会議費でも問題ないのですが) でも、実際は「接待交際費」なのでは?と思いつつも、会社員時代に接待交際費をつけないクセで避けてました。 そういえば、なぜ「接待交際費」を避けるようにしてるんだろう?と気になったので調べてみました。


個人事業主つれづれ-6 経費になるもの・ならないもの

当初、帳簿に付けたお金のマイナスのどれが経費になるのかわかりませんでした。 実は最初のころ、このWebに変なこと書いてたのですが、全然理解してなかったので少し調べたことをメモします。


個人事業主つれづれ-5 簿記と会計ソフト

個人事業主になると記帳が必要になります。青色申告の届け出をしている場合、記帳は毎年の義務となりとても大事です(※白色でも大事です)。記帳は「複式簿記」で行うのが通例ですが、複式簿記はその概念を理解しないととっつきにくい部分があります。私も苦労しました…。それらの難問を支援するために「会計ソフト」があります。今回は簿記の壁と会計ソフトが何をやってくれるかを考えたいと思います。


個人事業主つれづれ-4 事業をはじめると何が必要?

さて、個人事業主にはなったものの、事業に必要なことって色々ありスッキリとはわからないです。おそらく法律もからんできて、手段や手続きがきれいに揃わない感じが多いんだと思います。さしあたって思い当たる限りを下に書いてみました。


個人事業主つれづれ-3 免許とか認可とか

個人事業主になったとしても、業態によってはそのまま仕事を始めてしまってはいけないことがあります。許可が必要な業種の場合です。電気工事なら国家資格の電気工事士免許、食品を取り扱うなら食品衛生管理の認可が必要になります。許可なく営業をしていると、指導されたり場合によっては営業停止処分になったりするらしいので気をつけて下さい。


個人事業主つれづれ-2 個人事業主の申請

前回悩みを書きましたが、結論、個人事業主になることにしました。さしあたり個人事業主になるのに必要なことはなんだろ、ということで手続を列挙。

(注:4年前の記事を加筆修正しています)


個人事業主つれづれ-1 事業主になるか迷う

個人事業主になって4年ほど経ちますが、以前日記にまとめていたものをあらためてブログでまとめていこうと思います。 まずは旧日記からの修正記事でいこうと思います。

(注:4年前の記事を加筆修正しています)